スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
虹色の服に着替えたら~10
2007-02-21 Wed 22:05
僕は誰だろう?
僕はこうやって
誰かに見せるわけでもないのに想いを書き続ける。
誰に伝えるわけでもないのに詩を書き続ける。
好きだから?いや、違う。
僕の中の誰かがそうさせている。
でも、僕は
「君は誰?」と尋ねる勇気はない。
それに
そんな質問をして嫌われたくないし、
ずっと僕の側にいて欲しい。

名前を知らなくてもかまわない。
ずっとこうやって僕の中にいてくれるなら
ずっと変わらずに守ってあげたい。
それは単なる強がりかもしれない。
気のせいかもしれない。
だけど、本当にそう思うんだ。

ひょっとしたら
僕がその人でその人が本当の僕なのかもしれない。
真実はよく分からないけれど
僕達はとてもいい関係だってことは確かだ。
恋人同士なのか
友達同士なのか
どちらだってかまわない。
僕達はいつも一緒で、僕は一人じゃない。

きっとこれからも一緒に歩いてゆくだろう。
僕の中の誰かと・・・。
今までも
これからも
僕は求め続けるだろう。
僕の中の誰かを・・・。
自分の中の別の誰か。
そんな感覚を抱くようになったのは
いつのころからなんだろう。
小さい頃からそうだった。
一人でいても寂しくはなかった。
けれど
本当は寂しかったんだと思う。
本当はいっぱいいっぱい誰かに伝えたいことがあったんだと思う。
だから
書き続けた。
そして
今のわたしがここにいる。

読まれることなかったわたしの言葉を
ゆっくりと刻んでゆく。

背伸びをしていた自分が
なんとなく甘酸っぱい。

その時、その時でわたしはいろいろ考えて、感じて
生きていたんだと今はちゃんと思う。

どこか
現実なのか夢なのか分からない
不確かな世界に生きてはいるけれど
残してきた言葉の中にわたしがいる。

これから先もきっとそうだ。

またいつの日か
読み返して笑うのだろう。
そして
確かにわたしは生きていた。
なんて感じるのだろう。

そんな生き方をしていこう。
わたしは相変わらずわたしの中の誰かにそうやって言葉をかけている。
スポンサーサイト
別窓 | 記憶 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< | 明媚的月光 | 虹色の服に着替えたら~9>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 明媚的月光 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。