スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
虹色の服に着替えたら~8
2007-02-07 Wed 14:20
やりだすと止まらない。
手をつけると止められない。
いつもこうだ。
たった一つの問題を僕はずっと考え続ける。
それは大したことじゃないかもしれないけれど
その時はそれが一番重要で
他のことなんか頭に入ってこない。
きっと僕に恋人がいても置き去りにしてしまうんだろう。
そして気がつくと一人になっている。
しかたがないと言えばそれまでだけれど
どうやら僕は切り替えが苦手らしい。

確かに僕の中にいるもう一人の僕達は
好奇心の固まりで何をしでかすか僕にもわからない。
でも、その中心の僕が一つのことにはまってしまうと
もう一人の僕達も一緒にはまってしまう。
こうなると誰も手がつけられない。
けれど、これはこれで結構楽しい。
ひたすら考え続けていると
ある時ふとひらめいたりする。
ずっと閉められていた扉の鍵を探して僕が開ける。
そんな作業をしているようで
ちょっとした冒険で、その瞬間が何とも言えない。
そして
また次の服に着替えることが出来る。

随分、損をしているとも思う。
それでも僕は僕なりにうまくやってきたつもりだ。
たぶんこれからも
立ち止まっては歩いていくのくり返しなんだろう。
そんな僕をまわりま「マイペース」と言うけれど
それはそれで
いいじゃないかと最近、思えるようになってきた。

これも考え続けた結果なのかなぁ。
昔のわたしは
随分、いろいろ達観していた部分があったと思う。
よくわからずに本質にダイレクトに飛び込んでいけた。
そんな気がする。

今はどんな感じだろう。

それなりに世間を知って
ずるくなった。

まぁ、それでも相変わらず
不器用で、何かといっては考え込んでしまう。
けれど、
考えてもしょうがないことと
考え続けなければいけないことがあることを知った。
そして身の丈の視点も知った。

まだまだ
わたしには学ばなければいけないことが沢山ある。

どうやらわたしの歩幅は
相変わらずマイペースで
きっと秒単位でまわりとずれていくのだろう。

そんなこと、今は気にもしていない。
だって
わたしにはわたしの行く道があるのだから。
スポンサーサイト
別窓 | 記憶 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<虹色の服に着替えたら~9 | 明媚的月光 | 虹色の服に着替えたら~7>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 明媚的月光 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。